トップページへ     畳替え                    

畳替えのご説明


   畳替えには大きく分けて3種類あります。お使いの畳の状態によって作業内容が変わります。
  例えば、ひどく擦り切れていたりすると裏返しは出来ませんし、畳床の状態が良ければ、
  新畳入れ替えはおすすめしません。(もったいないです・・・)

畳替えの種類


裏返し

価格表
現在お使いの畳から畳表をはがし、裏返して付け替える作業です。
畳縁(たたみべり)は新しく付け替えます。
裏返しは擦り切れる前、だいたい5年から10年以内で行う事をおすすめします。
時間が経ちすぎると、裏面とは言え 色がさめきってしまいます。

裏返しが出来る、出来ないのイメージはこちら

表替え


価格表
畳表を新しいものに交換する作業です。畳縁も新しい物に交換します。
使う畳表により工事金額が変わります。
畳表は見本をご覧になって決めていただきます。

新畳入替


価格表
「床替え(とこがえ)」とも言います。
お使いの畳を処分して、新しい畳と入れ替える作業です。
使う畳床、畳表により金額が変わります。古い畳の処分にいくらか掛かります。
良心的でない業者は、いたずらに床替えをすすめますが、経験上、畳床を交換しなければ
ならない事はまれです。(床上浸水にあった、シロアリに食われた 等)

畳替えってホントはお手軽なのです。

 
朝、お預かりすれば、夕方には完了してしまうんです。
畳替え当日はこんな感じです。

畳替えの一日

8時〜9時
施工前
 通常、朝、お邪魔して畳をひきあげます。
(※ おうかがいする時間はお客様のご希望に合わせます)

 家具は、中身もそのままで置いておいて下さい。
私共が簡単に動かします
10時〜15時
家具移動した後の風
 家具を動かし、お部屋から畳を引き上げます。
職人一人で簡単にできます。
床の掃除もおまかせ下さい。
畳替え作業は当店の仕事場で行います。日中はご自由にお出かけいただけます。
16時〜18時
施工後
 きれいになった畳を再び敷き込みます。
家具も元の位置へお戻しします。
テレビの配線も直します。

 おうちの方には監督していただくだけ。
お手間はお掛けしません。



裏返しについて

 裏返しってできるのかなあ?こんなお話を良く耳にします。
とにかくまずは、お使いの畳表が裏面を使ってない事。
 その上で、痛み具合を見るポイントは、「シミの有無」と、「擦り切れ具合」です。
シミは見ればある程度判断できますが、問題は擦り切れ。
この擦り切れを見る時の知識として、こんなイメージを持っていただきたいです。

図は畳表を短尺側から輪切りにした目線です。

畳表はイ草を上下2本で織ってありますので、
表側の皮がむけた程度なら裏返しは可能です。
下のイ草まで擦り切れてしまうと、裏返しは出来なく
なってしまいます。
表から見た写真です。
よーく見ると経糸が見えるのがわかりますでしょうか?
これをひっくり返してみると・・・・左の写真へ
イ草が切れてしまっています。
これでは裏返しは出来ません
経糸(織糸)が見えてしまうのはダメサインです。

上へ戻る

トップページへ